屋根塗装作業の流れ

屋根塗装作業は以下の流れで行います。

Step.01
屋根塗装の流れ|飛塚塗装店

ケレン

屋根の高圧洗浄の前に、まずはサンドペーパーを使って屋根をこする作業「ケレン」を行います。屋根に付着した汚れや弱っている塗装の膜を剥がすために重要な作業で、今後の塗装の仕上がりが大きく左右される行程です。 作業の様子

Step.02
屋根塗装の流れ|飛塚塗装店

高圧洗浄・モップ洗い

高圧洗浄機を利用し、勢いよく洗浄液を出して水圧で屋根の汚れなどを落とします。「洗う」というよりも水圧で「削る」という感じで、汚れと一緒に、痛んだ塗料もまとめて剥がす作業になります。長い年月日差しに当たっていた部分のため損傷箇所も多く、洗浄前と後の印象は大きく変わることが多いようです。 作業の様子

Step.03
屋根塗装の流れ|飛塚塗装店

サビ止め

屋根は直射日光や雨当たりが激しく、もっとも風化を起こしやすいため、念入りにさび止めを行います。屋根板の隙間も筆で一枚一枚丁寧に染みこませることで、長い年月外気の環境から守ります。 作業の様子

Step.04
屋根塗装の流れ|飛塚塗装店

上塗り

下準備が完了したら、いよいよ本格的な塗り作業を開始します。だめ込み(ボルトや隙間を先に塗る作業)→中塗り→上塗りと順番に作業を行います。家財を守る大事な屋根をしっかりと守るため、慎重且つ丁寧に塗ります。 作業の様子


外壁塗装作業の流れ

外壁屋根塗装作業は以下の流れで行います。

Step.01
外壁塗装の流れ|飛塚塗装店

外壁洗浄

屋根洗浄と同様、高圧洗浄機を使い勢いのある水圧で汚れなどを一気に落としていきます。 作業の様子

Step.02
外壁塗装の流れ|飛塚塗装店

コーキング

継ぎ目や素材の切れ目の隙間を埋めているコーキング剤も、日が経つにつれて劣化が進み、次第にひびが入り役割として成り立たない状態になっている事が多いのです。 そのため外壁、屋根周辺も含めコーキングを再度行うようにしています。また、外壁にひび割れや傷があった場合に行われる補修作業もこの段階で共に行われます。 作業の様子

Step.03
外壁塗装の流れ|飛塚塗装店

下塗り(シーラー塗り)

シーラーとは「塞ぐもの」「密閉するもの」という意味で、下地への吸い込みを防止し、上塗りとの密着を良くする為に塗られる下塗り塗料のことを指します。着色を目的としない塗料であることから、吸い込む素材に浸透して効果を持続させるために着色成分がほとんどなく、塗装物には色がほとんどつきません。 作業の様子

Step.04
外壁塗装の流れ|飛塚塗装店

中塗り(フィラー塗り)

防水性の強化やひび割れ対策として塗られる塗装成分です。フィラーは粘度が高い事から刷毛は腰の強いものを使用します。錆止めの効果も含まれており、これにより建物が長い年月痛むことなく、そして変わらぬままの姿を保つ事ができます。 作業の様子

Step.05
外壁塗装の流れ|飛塚塗装店

上塗り(仕上げ)1回塗り

もっとも時間を要する工程へはいります。色合いや光沢の度合いを決め建物の外観を左右する塗装であることから、手塗り、ローラー共にフルに活用し、工程を三回に分けて丁寧に塗装作業を行います。 作業の様子


木部・軒天塗装作業の流れ

木部・軒天塗装作業は以下の流れで行います。

Step.01
木部・軒天塗装の流れ|飛塚塗装店

木部ケレン

木部は金属部とは全く違う特徴を持ち、風化も激しい箇所もあることから、外壁と屋根の塗装とは違う段階で塗装を開始します。木の素材のため強く削ると崩れる場合もあることから、慎重な削る作業を行っていきます。 作業の様子

Step.02
木部・軒天塗装の流れ|飛塚塗装店

木部軒天塗装

木部は塗装の中で最も痛みやすい場所であるため専用の塗料を使用します。雨や紫外線から受ける風化、腐食を防止するためシンナー溶剤とシリコン塗料にて耐久性を上げる仕上げ作業などを行います。 作業の様子

Release : 2017.10.31 10:00:54
Updated : 2017.10.31 13:21:53